このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

木製自転車 ' Wooden Bike '

2010年10月20日水曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る

  先週、御坂峠で道を教えてもらったオーストラリアのサイクリスト "Gusさん" が、小田原在住なので、我が家との中間地点の江ノ島で会うことにしました。
 彼は、ゴールドコーストのコテージの元オーナーで、今は 'Wooden Bike Test Pilot' !?
 毎年、2~3ヶ月日本に来ているとのことで、今回は箱根の寄木細工との技術交流を画策しているみたいです。
 江ノ島を散策しながら、木製自転車の話を熱く語ります。

・硬い木と柔らかい木を組み合わせると、十分な剛性を持った、乗り心地のよい自転車が作れる。
・米国には、RENOVO HARDWOOD BICYCLES などの木製自転車メーカーがある。
・木の持つ「たわみ」を、カーボンは持てない。
・同じ2000ドル払うなら、カーボンフレームより、よっぽど良いぜ。
 素材の特性から説明してくれるので、説得力があります。

 コテージも自分で作ったようだし、木おたく、かつ曲線マニアです。でも、乗ってきたバイクはスペシャライズドのアルミ+カーボン。

 高校野球は金属バットだが、プロ野球は木製バットだと言うことに気づいたので、後で教えてあげよう。

 Gusさんと別れた帰路、女性サイクリストに市が尾、青葉台の246危険ルートの回避路を教えてもらいました。しっかりした走りなので、ひょっとすると名のある方かも知れません。最も嫌な場所の抜け道がわかり大きな収穫です。

76.92Km
 

8 コメント

  1. Mr. Child Says:
  2. 凄いですね。こんな自転車を見た事が一度もないです。どのくらい遠く行けますか?

     
  3. taka Says:
  4. 私は乗っていませんが、Gusさんの話だと、レースでも走れるとのことです。
    Mr. Childさんなら、私のインチキ英語が馬脚を表した英語版
    http://cycling-tourism.blogspot.com/
    が面白いかも。
     

     
  5. ようこ Says:
  6. こんにちわ
    その節は遅い私とご一緒いただきまして
    そしてお声をかけていただきまして
    ありがとうございました
    そして夢を壊すようですが(笑)
    名のあるサイクリストどころか
    ただ単におばさんサイクリストな私でございます

    あの日は次の予定が迫っていて
    あまりゆっくりお話できず無愛想で失礼しました

    最近(すごくたまにですが)Cycle-Ringに
    UPしたりしています
    http://www.cyclering.com/modules/xsns/?p=mypage&uid=700

    またどこかでお会いできましたらいいですね

     
  7. taka Says:
  8. >ようこ さま 
    いやー、奥様、すごいじゃないですか。投稿者名を見たときは、てっきり業者さんだと思いました(笑)
    サイト、拝見しました。相当走りこんでますね。少しずつになりますが、全部見ます。タスマニア行きたくなりました。
    淡路島、がんばって下さい!
    ご主人にも宜しく。
     

     
  9. 匿名 Says:
  10. はじめまして。
    日本にもスゴイ「木製自転車」を作っている職人がいますよ。本職は世界で最高の「木造ヨット」を作る職人です。
    http://sanomagic.world.coocan.jp/Lineup/sanomagicbikelineup.htm
    http://sanomagic.world.coocan.jp/Lineup/lineup.htm
    きっと、gusさんも驚くと思いますよ。

     
  11. taka Says:
  12. 匿名さん こんばんは。
    すごい。リムも木製ですね。ここまでくると工業製品ではなく美術工芸品の範疇ですね。 Gusさん、知っているかなー、伝えておきます。
    ありがとうございます。

     
  13. 小畑 Says:
  14. こんばんは、小畑と申します。この頁に載っているGusさんが御坂峠のキノコ屋の駐車場で落としたと思われるデジカメを預かっています。二つ上の発言の「匿名さん」らしき人から、10/29夜に、デジカメの落とし主はGusさんではないかとの通報がありました。お手数ですが、Gusさんにデジカメを無くしていないか聞いていただき、もしも無くしていたら、http://sanomagic.world.coocan.jpの管理人:小畑へメールで住所を連絡してください、とお伝え願えませんでしょうか。当方からカメラをGusさんに郵送します。妙な顛末は上記ホームページの近況欄に書いてあります。よろしくお願いいたします。

     
  15. taka Says:
  16.  Gusさんが、御坂峠で忘れたカメラは・・・。
     Oさんが見つけ、写真の一コマに写っていたトラック車体に書かれていた電話番号から新木場の材木会社へ電話し、船の写真から木造艇、木製自転車の SANOMAGIC を突き止め、佐野さんへ送付。
     それをサイト管理者の小畑さんが預かり 「SANOMAGIC 佐野末四郎の世界」 で告知。
     それを見た方から「サイクルツーリズム」というブログに同じ人が写っているとの連絡が小畑さんに入り、上の投稿へ。
     と言う、長い善意の連鎖で、無事Gusさんの手元に戻りました。
     Gusさん、大喜びです。 There seems to be many kinds of Magic !! I am truly amazed about Japanese thinking and culture !

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com