このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

 山岳などの圏外でも、「あらかじめ格納した地図」に現在地を表示できるのが DIY GPS の特徴ですが、これは海外で通信料を使わずに GPS が使えることに他なりません。
 国内だと、カシミールとアドオンソフトのマップカッターを使えば、割と簡単に緯度経度情報付きの地図を取り込めますが、海外の地図だとちょっと面倒です。 OpenStreetMap を使って、試行してみます。

(1) OpenStreetMap で、欲しいエリアを開き、エクスポートタブで、ファイル形式、縮尺などを選択し、「出力」する。

(2) 画面に表示されている「エクスポートする範囲」(緯度経度の10進数)で、.kmlファイルを更新する。

(3) ダウンロードした地図画像(.jpg) と 更新した空間情報(.kml)を zip に圧縮した後、拡張子を kmz に変更します。
 これは、Dropbox を経由して iPhone のDIY GPSに取り込むための作業です。このあたりは DIY GPS サイト を参照して下さい。

(4) DIY GPS に取り込みます。マイナスで指定した北緯は、南緯に置き換わっています。Cordinate Test でも座標のずれはありません。地図画像は取り込み時に仕様で縮小されましたが、実用には耐えそうです。

5 コメント

  1. 匿名 Says:
  2. kmlファイルを更新するとありますが、kmlファイルのエクスポート方法がわかりません?どのようにすればよろしいのでしょうか?

     
  3. kmlファイルは、OpenStreetMap からはエクスポートできません。
    >カシミールとアドオンソフトのマップカッター
    を使われたことがあれば、使用実績のある、そのときの kmlファイルを雛形にするのが確実だと思います。
    実は、以前 "雛形のkmlファイル" をダウンロードできるようにしていましたが、環境(文字コード?)により、うまくいかない場合があるようです。

     
  4. 匿名 Says:
  5. 早速教えていただきありがとうございます。
    DIY GPSに海外地図を取り込みたいのですが、kmlファイルはこちらのファイルを参考に手打ちして、手順どおり取り込んだのですが、doc.kml is not found!とエラーになって表示されません。ファイル名やkmlのタグも確認したのですが、何か原因があるのでしょうか?

     
  6. このエラーは、"doc.kml が無いよ" なので、エラーメッセージの意味としては、zip(kmz)に圧縮した時、手打ちしたファイル名が、doc.kml 以外の名称だということです。
    ファイル名が正しいとすると不可解です。わかりません。
    国内地形図等で、匿名さんが実際に取り込んだ実績のある kmz を解凍して doc.kml の画像ファイル名(***.jpg)と緯度経度を修正する方が確実だと思います。

     
  7. 匿名 Says:
  8. 圧縮する際にフォルダを作って圧縮したのが原因だったみたいです。
    二つのファイルを選択して、そのまま圧縮したら読めました。
    kmlファイルもカシミール3Dで作成して実績があるファイルを解凍して書き換えました。
    自宅周辺をエクスポートしてテストしたら大丈夫そうなので海外地図も作れそうです。
    この度はいろいろアドバイスいただきありがとうございました。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com