このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

 DIY GPS が最もアドバンテージを発揮するのは、国内海外を問わず電波の届かないエリアでの山登り。緯度経度情報付きの山の地図を、如何に取得するかがポイントとなります。
 ダウンロード可能なOpenStreetMap の Mapnik画像は、山岳だとスカスカで使い物になりません。

 ちょいと手間がかかりますが、Open Cycle Map を使って、昨年登ったボルネオのキナバル山(4095m) の地図を取り込んでみます。


(1) OpenStreetMap で、欲しいエリアを開き、基底レイヤーを Cycle Map に変更します。すると、等高線が現れます。

(2) エクスポートタブから「出力」したいところですが、残念ながら Cycle Map のダウンロードはできません。ここは、原始的にスクリーンショットを取り、地図部分をトリミングし保存します。画面に表示されている「エクスポートする範囲」(緯度経度の10進数)が、表示されている地図部分に該当します。

(3) あとは、"都市エリア編" と同様に kmz に圧縮し、Dropboxを経由して iPhone に取り込みます。十分使えそうですね。

(4) この kmz は、そのまま Google Earth へドラッグして取り込むことができます。標高差があるので、傾けると立体感があります。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com