このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る

 折りたたみ自転車サイト "YAMAHONで行こう" のオフ会「鶴峠越え紅葉ペダリング」を未走ルートにもかかわらず催行しました。一人で走るより、大勢の方が面白そうという、手抜き企画ですが、総勢5名で晩秋の山梨鶴峠、奥多摩湖を走りました。
 集合は藤野駅。高崎、川越、新宿、船橋からの輪行のメンバーと合流します。私は、2回乗り換える輪行が面倒くさく47Km自走です。

 この秋、甲武国境の和田峠と甲武トンネルを Bianchi Lupo で走りましたが、今回は KHS F20-T2 です。
 気温は8度くらいですが、日差しも暖かで、サイクリング日和です。全山紅葉とはいきませんが、青空をバックに紅が映えます。

 昼食以外に休憩無しで鶴峠(870m)到着。みなさん、小径車とは思えない走りです。峠からの眺望は無く、直ぐに出発。

 今日は、iPhone4S に替えて初の DIY GPS の本格使用です。iPhone3 時代には、しょっちゅう飛んでいた LOG も確実に記録できています。位置情報の精度も増しています。

 奥多摩湖畔は、標高が低いせいか紅葉真っ盛り。孟宗竹の緑がアクセントとなり、楓の赤と銀杏の黄が鮮やかです。

 青梅駅から輪行するつもりでしたが、上り列車が行楽客で混んでそう。面倒なので自走で鷺沼を目指します。
 たまたま遭遇した八王子の "ご両親が南米サイクリング中!" サイクリスト に多摩サイを引いてもらいましたが、彼らと別れた後の国立で雨。
 結局、南武線矢川駅から宿河原駅まで18Km 輪行。最後に、輪行袋が役立ちました。
宿河原で運良く雨もあがり、6Km自走。

 自走 148 Km、輪行 18Km と、バランスは悪いですが、折りたたみ自転車のオフ会の礼を失することは避けられました。

148.01 km。

8 コメント

  1. gen Says:
  2. >輪行が面倒くさく
    >面倒なので自走で鷺沼を目指します。

    単に輪行が煩わしいのか?それとも、どちらかといえば自走の方が好みなのか?

    かつて私は、輪行してサイクリングをしてまた輪行で帰る、という往き帰りの2回輪行というパターンが多かったです。

    それが、高崎に来て例の自転車屋さんで影響を受けて、積極的に1日に何度も輪行するようになりました。自転車も、輪行性能>走行性能なものを選び、着る物や装備もこれまでとは違ったものにしています。

    もちろんBikeFridayのような従来型も楽しんでいますが、新しい「輪行積極型」のほうが、サイクリングの楽しみの幅が広がったように思います。

     
  3. taka Says:
  4. 青春18切符で、「JRを11本乗り継いだ、関ヶ原 23Km」とか、やりましたよー。 と、書いてみたが、これは従来型のバリエーションですね。

    新しい「輪行積極型」って、どんなものだろう。目からウロコなのだろうか。

    genさん達の走りを見て、「安心・安価な航空機輪行」「出先では連日100Km」を実現するのは、16インチ + 内装のような気がしてきました。

     
  5. K Says:
  6. 148.01kmとは素晴らしい!

    青梅で解散の後、僕も自走で帰りました。

    17時前に自宅に着いたので八高線より早かったかな?

    ちなみに125kmでした。

     
  7. taka Says:
  8. K さん、高速牽引、お疲れ様です。

    小径での手放し走行、初めて見ました。こちらは、自宅はるか手前で日没降雨。南武線に救われました。

     
  9. や ま Says:
  10. 来年に向って、着々と走行距離を稼いでいますね。
    本日、宿題の谷間豊永林道、走ってきました。体調不良とハンガーノック寸前&寒くて十分に楽しむ余裕がありませんでした。

     
  11. taka Says:
  12. や まさま。
    「どこも山」のグルメツーリングでは無かったのですね(笑)
    あの林道、補給できないし短絡ルートもありません。今、ブログを読み直しましたが、水が無くなり民家のおばあさんに分けてもらったことを書き漏らしていました。

     
  13. 匿名 Says:
  14. 息子が「多摩サイ引いた」(?)そうでお役に立てたのなら幸いです。折り畳み自転車楽しそうですね。こちらは、昨日チチカカ湖に到着しました。クスコから5日で到着しました。途中、4300m峠はぜいぜい息をしながらどうにか無事越えることが出来ました。日本の紅葉同様、チチカカ湖の青々とした湖の美しさも格別です。

     
  15. taka Says:
  16. Hard & Kemeさん、こんばんは。
    息子さん、若者とは思えない、渋めのカンチブレーキでした。ご両親の影響かも。
    「3匹の犬に追いかけられ」たまま、ブログが更新されないので心配していましたが、チチカカ湖ですかぁ~。
    月並みですが、お気を付けて旅を続けて下さい。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com