このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 今日は枋寮まで走り、そこから台南まで輪行します。南廻鉄路は枋山で西海岸に出ますが、列車の本数が少ないので鉄道と並行して15km北上し、枋寮駅から乗車することにします。
 第三核能發電廠をかすめ、楓港からは省道1号線。栗のような味の、蒸した「菱角」をもらっちゃいました。これ水草の種とのことです。

 枋寮から区間車で高雄、高雄から自強号で台南へ。台南駅は1900年開業、現在の駅舎は1936年に完成した、英国の熱帯植民地風の建物です。いわゆるコロニアル風というやつですね。

 宿は、愛用の「自行車環島旅図」に載っていた「労工育楽中心」と言う勤労福祉会館みたいなとこを取りました。チェックイン後、激しく道に迷いながら安平古堡から海岸をサイクリング。

 63.71km(屏東)
 24.99km(台南)

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com