このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

自転車のある風景 (2)

2012年9月25日火曜日

◆香川県観音寺市の豊稔池堰堤 <2010/7/27>
 1930年(昭和5年)に完成した石積の多連アーチダム。堰堤直下まで自転車で行ける。この日は、阿波池田から県境越えサイクリング。



◆グアム島、最北端のリティディアン岬 <2011/4/17>
 「空軍基地、軍用犬チームがパトロールしています」 などと書いた物騒な標識を越え、何もない道を延々走ると突然視界が開ける。


◆沖縄、座喜味グスク <2007/9/17>
 那覇から北へ30km、嘉手納の先の読谷村にある城跡。琉球王朝統一過程の1420年代に築城された。
 日本軍の砲台や米軍のレーダーが置かれた時代もあったが、曲線を基調とした城壁は穏やかで緑が映える。


◆晩秋の房総、養老渓谷 <2007/12/5>
 大福山の稜線から、担ぎと押しで下ったところにある日高誠実邸跡。日高は明治の人で、ここに理想郷を作ろうとした。


◆オーストラリア、ゴールドコースト <2011/6/18>
 海岸から少し内陸に入ったマーウィランバ。
 ビーチリゾートの印象が強いゴールドコーストだが、振り向けば山あり谷あり。澄んだ空気のなか、距離感を失うほどの視界を楽しめる。
 この街では、高校生以来のユースホステルに泊まった。


2 コメント

  1. smak Says:
  2. 養老渓谷は押しが入りますか?
    そろそろフェリーを利用しようかと妄想中です.

     
  3. taka Says:
  4. smakさま> 行った時のブログは、下記です。まだ、まじめに働いていたころです。
    この時は稜線から担いで下りましたが、沢づたいの平坦な道があります。しかし、MTBでないとほとんど押すことになると思います。もみじの絨毯は厚みもあり、すごかったです。

    http://boso-cycle.blogspot.jp/2007/12/blog-post.html

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com