このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 寒くても厚着で出ると大丈夫と言うことで、駒沢通りから国立新美術館へ。ここは、所蔵品がないので、実態は貸しホールです。正に箱物ですが、箱はなかなかのものです。
 内側からの写真。設計は、黒川紀章+日本設計。
 戦前は、2.26で決起した歩兵第三連隊の兵舎。関東大震災の復興建築です。戦後はGHQが接収、返還後は東大生産技術研究所となりました。美術館の別館に、外壁が少し再現されています。
 国立新美術館と東京ミッドタウンの建つ場所は、戦後米軍に接収されハーディバラックスと呼ばれました。今も一部は返還されずに U.S.ARMY AREA です。こんな都心に米軍施設があるとは、「ワシントンハイツ」(秋尾沙戸子)を読むまで知りませんでした。
 歩兵第三連隊時代の射撃場跡は、そのままの区画で民家が立ち並んでいます。
 国会図書館で旧版地図をコピーした後、帰路は目黒通りで自由が丘のビアンキストアへ。カゴ付きのMARINで行きましたが、サドルだけチェレステでした(汗)
 57.92km

4 コメント

  1. smak Says:
  2. 早速いかれていますね.
    書籍の冒頭付近のヘリコプター基地はこのあたりでしょうか?

     
  3. taka Says:
  4. ヘリポートの下(六本木トンネル)を走りました。基地は新美術館の上の方から見えるはずです。忘れてました。
    「ワシントンハイツ」は、smakさんも書いてますが、破綻しそうな構成を不思議とうまくまとめてますね。

     
  5. smak Says:
  6. 改めてつくづく見て,建物写真,いい写真ですね.こういう写真を撮ってみたいと思います.

     
  7. taka Says:
  8. 国立新美術館は、ファサードが図抜けてます。展示場部分は巨大な倉庫で、展示物は借り主次第です。
    上階へ上ってヘリポートを見るのを忘れていたので、また行きます。ここと、東京ミッドタウンは共に駐輪場が充実しているので、うまく利用すれば使い出がありそうです。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com