このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

蒲郡クラシックホテル

2015年3月17日火曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 東海道線の車窓から気になっていた帝冠様式の建物。東海道新幹線50周年の車窓巡検で、今尾恵介さんからホテルだと教えてもらい、我慢できずに一泊しました。
 青春18きっぷ(ここは譲れず)で蒲郡駅。まず、観光協会で電動アシスト付き自転車を借りホテルへ。部屋から竹島を望む。
 ホテルができたのは、1934年(昭和9年)。鉄道省による最初の国際観光ホテルに指定されました。
 2007年、経済産業省の近代化産業遺産に認定されています。
 創業時より一流作家は無料で滞在してもらう方針だったため、菊池寛、志賀直哉、川端康成などの小説に登場しています。池波正太郎は「・・列車が豊橋を過ぎて間もなく、左側の車窓の、小高い丘の松林から緑色の屋根の古風なホテルの背面がのぞまれ、それをながめながら、
(帰りにには一日か二日、蒲郡ホテルへ寄って、のんびりしたいな)
 そうおもいもし、また、何度か、そのおもいを実行に移した私だった。・・
と書いています。
 自転車の方は一応、西浦半島へ。高架橋越えには電動アシスト有効でした。水平線にかすかに見えるのは、渥美半島。目立つのは火力発電所。西浦温泉は、昭和っぽい温泉地、。夕食は蒲郡ラグーナテンボスへ。巨大浅利のフライなど。
 総合的に見て、ホテルの魅力だけで再訪は難しいです。
 25km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com