このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

柴崎分水と立川崖線を歩く

2016年5月14日土曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 多摩武蔵野スリバチ学会のフィールドワーク 「柴崎分水と立川崖線を歩く」 に参加しました。
 集合場所は立川から2駅の青梅線東中神駅。スリバチ学会は柔構造で、会員と言う概念がありません。facebookで集った27名で歩き始めます。
 ここは、クジラ押し。1961年に、市内でほぼ完全なクジラの化石が発見されたとのこと。当時は、世界初とかで盛り上がったようです。
 駅から500mほど歩くと、1942年(昭和17年)に陸軍航空工廠の従業員住宅として造られた八清(はっせい)住宅のロータリー。八清は、請負業者「八日市屋清太郎」からとったもの。戦前のニュータウンです。
 このあたり、1944年に廃止された五日市鉄道(南武鉄道に合併後、戦時買収)の路線が通っていました。
 そのまま歩くと崖の上。崖際にある福島(ふくじま)神社の装飾は力強い。
 稲荷神社の、大きな社務所は地域の集会などで使われているのでしょうか。都心まで近いわりには、地域の結びつきが残っているのかもしれません。昭島市から市境を越え、立川市歴史民俗資料館へ。立川飛行機で2機作られた、立川 A-26長距離機。A は朝日新聞のA。
 東京都住宅供給公社の富士見町団地(1968年入居開始)の周りで、昼食。
 崖線下の残堀川。昭和5年発行の1/25000地形図には、発電所、水車の地図記号が描かれています。
 崖を上り、玉川上水から分水してきた柴崎分水をたどって行きます。庭先を抜け中央線を渡り、微妙な勾配で張り巡らされています。ゆるい上り坂にそって、水路は下っている場所もあります。エッシャーのだまし絵風です。
 不思議な所作ですが、人通りが少ないのが救いです(笑)
 その後、崖線下を流れる根川などアクターが増え、それが一旦暗渠となり・・・。難しくなってきます。
 最後は多摩モノレール柴崎体育館駅で解散。立川での反省会へ。今回も、ルートのトレース、不正確です。
 14km(歩き)

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com