このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

大きな画像を見る
 スルガ銀行の無料セミナー "世界最大のヴィンテージバイク・イベント「L’Eroica(エロイカ)に学ぶ」~ L’Eroicaが気づかせてくれるもの~ " に参加しました。場所は東京ミッドタウン・タワー。ここのセミナーは2回目で 疋田 智さん講演 「ロンドンに学ぶ自転車活用」 (2013/11/26) に来ています。前回は自走ですが、天気予報が雨だったので今回は電車。
 講師はイタリア人のマルコさん。 5年前にヤビツ峠で会い、 その3時間後、40km 離れた港北ニュータウンのR246で偶然再会し、urlを交換しました。その筋では有名な人だったようです。
 前振りは、ジロ・デ・イタリアのお話。イタリアのスポーツ紙、ガゼッタ。
 講演では、ちらっと触れただけですが、マルコさん、パンターニが大好きです。右は、チッポリーニ。
 エロイカは、イタリア中部、トスカーナ州シエナ県、過疎の進むキャンティ地方の村おこしで始まりました。
 ルートは毎年同じ。地道(非舗装路)を文化財のように保存しています。
 1996年に参加者96人で始まりましたが、2017年は7000人、応募の倍率10倍。村の人口も回復基調へ。大会は10月ですが、通年で(2月は寒い)楽しめ、農家を改造した宿も増えているとのこと。
 マルコさんの SANSPO.COM 記事 「つれづれイタリア~ノ」はこちら。
 東京ミッドタウンでは他のイベントも。「マグナム創設の原点」展。写真は、マグナムから借りたオリジナルプリントとのこと。ロバート・キャパの「崩れ落ちる兵士」もありました。 <FUJIFILM SQUAE 10周年記念写真展>
 国立新美術館で開催中の安藤忠雄展に関連して、「安藤忠雄 21_21の現場 悪戦苦闘」 <21_21 DESIGN SIGHT >

2 コメント

  1. や ま Says:
  2. スルガ銀行、いろいろと自転車関係のこと、企画しているのですね。
    昨年のエタップに、お二人参加されていました。お一人は幹部で、途中仕事で呼び戻されていましたよ!

     
  3. taka Says:
  4. フランスから呼び戻されるとは、相当な重要人物ですね。スルガ銀行の自転車押しは、その方の意向によるものかも。ミッドタウン・タワーで無料の講演はバブル期を思わせますが、それだけ業績がよいのでしょう。シエナ県キャンティ地方=徳島県三好地方のような位置づけかも知れません。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com