このブログを検索

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 

大きな地図を見る
 国境の街バベットへ向けて国道1号線(AH1)を走ります。取り付け道路にあった「つばさ橋記念碑」。プノンペン-ホーチミン間のバスは頻繁に走っていました。
 昼飯8000リエル、隣の人が飲んでいたのだ頼んだ柑橘系飲み物。はちみつベースっぽい原液に生ライムを絞って1000リエル。
 豊かな穀倉地帯。米の出来も良かったのでしょうか、人々の笑顔が多い日でした。バニラコーラ2000リエル。
 クメール語の指差し会話帳を持っていれば、話もはずんだことでしょう。
 通園バスのサービスタイム。
 みんなが取ってるのは小さな緑色の果実。
 国境まで16km。今日は国境を越えずにカンボジア側に泊まることにします。
 カジノ付き高級ホテルは「お客様、あいにく本日は満室でして・・」 客層は、人品卑しからずとは言い難し。カンボジアは政策的に国境ぎわをカジノ特区としていますが、日本が真似る必要はないでしょう。
 選んだホテルは15ドル。カジノで働く女性の宿って感じでした。夕食は4ドル。ビールも4000リエルになりました。
 106.99km、AV17.0、6:17

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com