このブログを検索

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 

大きな地図を見る
 国境間近に泊まっていたので、200m走りバイクレーンでカンボジアのイミグレ。ベトナムのビザがないためか、ベトナムからの出国方法を聞かれたので eチケット控えを提示。見るともなく押印、出国完了。
 国境越え。舗装の違いが国境。前輪がベトナム、後輪がカンボジア。
 ベトナム入国も車両レーンを進みましたが、建屋の中に入れと指示され自転車を停めバッグを外して中へ。入国審査済みの位置だったので、逆方向から荷物検査してイミグレ窓口へ。外国人窓口は無人。多分、バスで入国する外国人の審査を別室で行なっていたのでしょう。(バスの車掌にパスポートを預けたと思われる)外国人が20人ほどたむろしていました。
 案内人にマネーと言われたので首を振ると、ベトナム人窓口(?、読めず)に並べとのこと。待ちは7人だったので、数分待ちで審査が終わり、正しい方向から再度荷物検査して入国完了。
 ベトナム入国審査が終わり、振り返ったところ。
 ホーチミン市街まで70kmあまり。QL22号線ですがAH1 の標識もありました。本場のフォー・ボー、20000ドン。
 4年前に走っている道ですが、当時はなかったお店も。本場のカフェ・スア、14000ドン。
 4年前、なでしこのFIFAアジアカップ観戦のため10泊したトンニャット・スタジアム横の宿へ。宿のおばちゃん達は覚えていてくれました。
 帰国便が2日後の23:55 なので、2泊+19時チェックアウトの交渉をして 54万ドン。ビール 12000ドン、本場のバインミー 15000ドン。
 71.90km、AV15.9、4:30

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com