このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

 チューリッヒ湖の標高は406m、市街西のユトリベルク(Uetliberg)山は870m。山頂近く(812m)まで鉄道で登れる山です。市街を走った後、山頂のホテルへ向かうことにします。
 朝は宿の周りを散策。日曜日でも開いている中央駅地下のスーパーで携帯食を購入。ホテルの裏手にはしゃれた自転車屋があり、備え付けのポンプで空気を入れている若い女性が。手伝いましたがポンプが不調なので宿に戻り携帯ポンプで支援。ヒジャブの彼女、なんとチューリッヒ工科大の学生。アインシュタインの後輩ということです。湖を2つ周り 140kmくらい走ると言ってました。
 快晴。先ずはチューリッヒ湖畔へ。
 よく見かける標識。最初は自転車不可と思いましたが、自転車オートバイが不可。日本でも昔はちょくちょく見かけましたが、スイスでは少ないが現役です。
 チューリッヒ湖。対岸に見えるのがユトリベルク山。
 湖畔にあるのが改修工事中のコルビュジエ・センター。知人のために設計した遺作です。
 市内の建物。
 旧市街の北、湖から流れ出るリマト川(アーレ川に合流し、最後はライン川)に沿って少し北上。道に迷いながら山麓を周る道を見つけ登坂開始。泉は早速利用させてもらいました。
 長い編成、20分間隔で走るスイス国鉄のS10線。
 山の中腹からは車両進入禁止となります。
 子どもを乗せて下ってきた若いおとうさんに、山頂への舗装路を教えてもらいます。終点のユトリベル駅からは、最後 50mの上り。
 山頂にあるホテル UTO KULM。今日はここに泊まります。運良く安く予約できました。
 ホテルの展望タワーから。
 右奥が、明日走るツーク湖への道。
 高校のクラス会その2。市街に宿を取る4名が到着し、夜はコース料理。今回、唯一のまっとうな夕食になりました。夜は雨になり夜景は楽しめず。下界へ降りる皆さんは、風雨のなか大変な目にあったようです。
 20.97km、3h17m

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com