このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

高知県西南端/柏島、大堂海岸

2009年8月16日日曜日

大きな地図で見る

 中村駅(四万十市)IN/宿毛駅OUT で、柏島、大堂海岸を回った。足摺岬を含む周回を考えたが、徳島を始発で出ても、中村駅着は11:32なので、帰ってこれなくなってしまう。

 今回の高知県3連走は、JR四国のバースディきっぷ(3日間,10000円で、特急・グリーン乗り放題)を使用した。
 グリーン客の多くは私と同じようで、人品卑しからぬ紳士とは言い難いが、すいているのは有難い。

 宿毛(すくも)までは、土佐くろしお鉄道宿毛線に沿って走り、宇和海に出た後は南にルートを変え、半島の先端部を目指す。

 1931年(昭和6年)架設の宿毛橋。
 松田川大橋架設までの35年間、メインルートとして利用された。
(宿毛市史は、Webで公開されている。他の地方公共団体も見習ってほしい)


 大月町の街を抜け半島部に入る。
 定住人口も、観光客も少ないあたりだが、りっぱなトンネルができている。時間に余裕があるので、右手の旧道を行く。

 大堂段崖からは、竜串や足摺岬も遠望できる。





 期待の柏島は、曇り空のためか、養殖簀のためか、コバルトブルーの海は望めなかった。


 88.97Km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com