このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る


 今日から、東回りで島を巡ります。国道1132線は片側2-3車線の高規格道路で、高速道のような線形ですが、一般道なので自転車も走行できます。
 ほとんどの場所で自転車レーンがありますが、車は少ないので、主に車道を走ることにします。ベトナム以来の右側通行です。

 道路標識は適度にありますが、ハングルだけ,ハングル+アルファベットでの読み,ハングル+漢字の3パターンがあり、外人には、なかなか難しいものがあります。

 地図は日本語版、ハングル版を用意しましたが、ことのほか 「ハングルでのイメージマッチング」 が難しく、たまに現われる漢字の標識が頼りです。

 万丈窟(マンジャングル)は漢拏山(ハルラサン)の寄生火山の溶岩洞窟で世界遺産になっています。
 迫力のある巨大な洞窟ですが、普通のストロボだと光が届きません。

 国道1132線沿いには全くお店がありません。海沿いの道へそれ、昼食を取ります。
 今回は済州市の一部を除き、私の中学英語すらまったく通じませんでした。

 また、漢字圏と考えては駄目で筆談も不可、宿も食事も身振り手振りです。

 これで、400円くらい。

 昔からの観光地である城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)が見えてきました。
 噴火口跡ですが、火口内は草原です。

 今日は好天の日曜日なので、観光客が詰め掛けていました。

 宿探しも不安が付きまといます。民泊(民宿)とかHOTELとかの看板はありません。唯一覚えたハングルは、これです。  =民泊


69.73Km

2 コメント

  1. や ま Says:
  2. お帰りなさい。

    ボルネオに続いて、済州島紀行、楽しませていただいてます。
    近隣海外サイクリング(台湾あたりがいいかな)、一度ご一緒させていただきたいです。

     
  3. ta Says:
  4. >や まさま
    台湾、いいですね。親日かつ親自転車乗りです。
    GIANTの買出しもできますよ!
    ただし、やまさんの休みが取れるか否かが、課題のような気がします。
     
     

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com