このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る

  暑ぅ、ウェザーニュースの晴れマーク、赤黒いです。 阿波池田駅IN、佃駅OUTで2山回ります。
 まず、三好市が力を入れている黒沢(くろぞう)湿原へ。

 イケミナミからシンヤマを経て、600m前後の山腹の空中集落をたどって行きます。
 池田の大字は、カタカナ表記 なぜだろう?


 湿原の標高は550mで、高原リゾート風です。
 幅の狭い小さな湿原ですが、展望台、休憩所などの設備も充実しています。

 かつては湿田で、腰まで浸かっての田植え風景の写真が残っています。
 湿原からは吉野川支流の漆川谷川へ下って行きますが、川が見えずひどく不安です。
 ミスコースだと、取り返しがつかないので、民家を訪ねて道を確認します。こんなことは、初めてです。

 途中、放棄された大きな家作が。家内制手工業が行われていたのかも知れません。
 養蚕、タバコ、和紙、地名からだと 漆? 


 吉野川にたどり着き、ようやく位置がはっきりします。

 午後の部の目的地は、ツール・ド にし阿波のコースに登場した山上直線道(以下、棒道)と旧池田町パノラマルートです。

 道を間違え、民家を訪ねて確認します(こんなことは、2回目)。
 地図にない道に助けられました。

  <にし阿波の棒道>

 阿波池田駅から徳島香川県境までの断面図をカシミールで確認してみます。

 この棒道は、手前に見える県境の稜線より150mも高いので、香川県や瀬戸内海まで見渡せます。



 棒道の先、三好市市街の真上まで来ましたが、せっかくの眺望が雑木にじゃまされます。
 ここを整備しないとパノラマルートは名乗れません。


 200m下った550m地点で、ようやく東側の視界が開けます。中央構造線です。
 この地点の最寄り駅は、秘境駅で有名な坪尻駅です。(直線で1400m)

77.24Km

5 コメント

  1. smak Says:
  2. この棒道大変だったようですね。写真のインパクトがあったので、是非行ってみたいと思っておりましたが、先を越されました。

    確かに、池田から祖谷はカタカナ表記が多いですね。有名どころは「池田サラダ」でしょうか?漢字だと「更田?」

     
  3. や ま Says:
  4. ↑、私も先越されました。
    雲辺寺界隈は走っていますが、このパノラマロードとやらは未踏です。
    池田の街、吉野川の鳥瞰と季節によると雲海が見えるらしいですね。おまけに瀬戸内海まで見えるとは!
    この近く、実は亡父の産地でもあります。爺様・婆様は、ここからの讃岐國を見て下ったのかもしれません。当方の旧本籍地を確認するためにも今年中にぜひ行ってみます。

     
  5. taka Says:
  6. この日は暑くて大変でした。道路工事のお兄さんに水をわけてもらいましたが、この僥倖がなければ危機的状況だったかも。
    また、道に面して犬小屋が並んでいて、ほえまくられる危険個所もありました。
    眺望をさえぎる木々は落葉樹が多かったので、冬の空気の澄んだ日がベストだと思います。
    サラダは、翌日、南常三島町の図書館で調べたところ予想外の「皿田」でした。
     

     
  7. 今日は柳沢まで走りましたが、ヨーロッパと違って、日本の山は神秘的で美しいですね。
    Taさんのように、もっと日本を見て回りたいですね!

     
  8. taka Says:
  9. マルコさんは、たしかガールフレンド?と四国も走っていますよね。
    リタイヤしたら、自転車での四国巡礼をお勧めします。「お接待」(=サポート)します!!
     

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com