このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

品川 目黒川河口

2010年11月28日日曜日

 昭和14年の改修工事以前、目黒川の河口は、大きく北に屈曲していました。明治初年の迅速測図では、砂州に、猟師町、 利田(かがた)新地には 鯨塚のある弁財天が記載されています。
 河口を短絡し埋め立てられたのがこの道路です。通り1本西側は旧東海道品川宿で、街歩きの善男善女でにぎわっています。
 古い家は道路に背中を向けています。無理に付けた出入口があるお宅の裏(元は表だった路地)側には、立派な玄関がありました。
 切り離された旧河口部は、小さな船溜まりになっています。
 品川では、年に2回行っている同窓会。こちらは善男善女か否か疑わしいメンバーで、昼間から飲んでいました。

 3.2 Km (歩き、大井町~品川)

3 コメント

  1. smak Says:
  2. 品川心中ですね。 
    地図、興味深く拝見しました。当時の品川宿はだいぶ南よりと聞いていましたが、そうなっていますね。  
    鉄道は認識できていませんが、海岸でしょうか?

     
  3. taka Says:
  4. あっ、そうです。遠浅なので、飛び込んでも膝までです。 
    鉄道は、上の方の「乗車場」と書かれているところが「品川ステーシヨン」で、ここから北の路線は高輪海岸に沿った堰堤になります。今の東海道線と同じ場所ですが、痕跡はわかりませんでした。 
    人家を避けて路線を引くなんて、明治政府って、そう強権的でもないですね。

     
  5. 善男善女 Says:
  6. 善男善女でないのは、2名だけだと思いますよ(笑)

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com