このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る

 好天が続くのに、寒くて出られません。ようやく、房総で走り初めです。
 君津まで輪行し、URCのM木くんと房総を走ります。10ヶ月ぶりの君津は、懐かしく穏やかです。
 年代的に忙しいさなかのM木くん、全然走ってないそうですがパワフルです。運動会柔道部出身なので、スリップストリームは大きいですが、何度もちぎれてしまいます。日頃、負荷のかかる走りをしていないことを実感します。
 安房小湊の誕生寺を経て、短いトンネルを抜けると外房の暖かい日差しが迎えてくれました。

 大多喜で津和家の「最中十万石」を購入し、最後は硫黄鉱泉の七里川温泉で疲れを癒します。ここは房総山中の一軒宿ですが、クチコミ情報 は両極端に分かれています。
>言葉は悪いが庶民の温泉宿というより、貧民窟の様相。2回目はないです。
>東京近郊でこれだけの秘湯気分を味わえるのも最高です。
我々の判断は、後者です。

90.05Km(武蔵小杉駅までの往復21Km を含む)

2 コメント

  1. smak Says:
  2. つげ義春の「貧困旅行記」に出てきそうな宿を妄想しました。
    憧れますね^^

     
  3. taka Says:
  4. smakさま
    あーっ、そうですね。かすかな記憶がありましたが「貧困旅行記」でしたか!! 
    それにしても、smakさんのスコープは広い。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com