このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 勝浦川を上流へ向かう際、気になっていた標識が「朝立彦神社」 山へ向かって 2.5kmなので、気安く寄り道できる距離ではありません。
 今日は昼過ぎまで時間が取れるので、朝立彦神社を目的地に登坂することにします。県が管理する大きな標識ですが、名前からは子孫繁栄が連想されます。
 勝浦川を渡ると東山渓県立自然公園の案内。距離がいきなり 3.4km に延びています。7%ほどの坂で高度を稼ぐと勝浦川の屈曲部の眺望が開けてきます。神社への案内は元気よさそうです。
 最後は車道を離れ山道になることが地図から把握していましたが、分岐の案内はないまま行き止まり。GPSで現在地を確認すると道までは少しなので、少し無理して上っていくと鳥居が見えてきます。
 式内小社の「阿佐多知比古神社」 延喜式神名帳に載る由緒ある祈雨の神様のようです。安永6年(1777年)の石碑がありました。
 神社の建つ尾根の先端からの眺望は素晴らしく、勝浦川下流方面から立江の水田地帯が一望。4等三角点「小竹」323.84m があります。
 神社の裏手には、年中水が枯れないという「お亀の池」
 今年は雨が少ないためか、水は溜まっていませんでしたが湿った岩穴がありました。
 SPDだと少し危ない箇所もありますが、お勧めの神社です。

 42.59km

2 コメント

  1. smak Says:
  2. また,通なところに行っていますね.私は全く知らない道です.

     
  3. taka Says:
  4. 気になっていた標識をたどってみました。神山とちがって smak さんの足跡は無いようですね(笑)
    雨降りの神様なので、夕立に類する "朝立" のようです。ことのほか眺望が良かったので、古色蒼然とした神社とあわせお勧めです。
     

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com