このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

呑川下流と羽田空港View Point

2017年11月19日日曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 駒沢通りを走る度に気になっていた呑川。日本女子体育大学の向いから暗渠となった緑道を下っていきます。
 大正9年発行の1/25000地形図では、川沿いに狭い田圃が続いています。
 暗渠の地面が周りより高いのは何故だろう。桜を植えるためか?
 大岡山で東工大を抜けると開渠に。
 この水は、新宿区の落合水再生センターからの高度処理水。案内板には「清流復活事業を実施し・・、都民が水辺に親しむ・・」とありましたが、3面コンクリートから推測するに、神田川増水時のバイパス機能がメインでは。
 中原街道に架かっていた石橋の供養塔。これ、外国人には説明しづらい。
 蒲田からは付け替えられた旧河道を河口まで。これで、ゴジラ第2形態の上陸ルートを回避。
 旧河道の緑道は、昭和50年につくられたので、時代を感じさせます。
 ここからは、羽田空港View Pointめぐり。京浜島つばさ公園、城南島海浜公園、浮島町公園の順にチェック。風向予報で順番を変えたが裏目に出ました。
 京浜島つばさ公園。
 城南島海浜公園。B滑走路への東からの着陸なら至近距離で見られるが、今回は南風でNG。
 川崎側へ渡り、浮島町公園。
 帰る直前、風向きが変わりA滑走路から南東へ離陸するようになりました。
 帰路の浮島工場群。飛行機よりも工場萌えか。寒さ対策をして、夜の川崎浮島へ行くことになるのは間違いない。
 75.62km、4:58

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com