このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

二十番札所 鶴林寺

2010年12月14日火曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る

 夏に、阿波霊場三大難所筆頭の焼山寺は登ったので、残るは2つ。雨が上がるのを待って、二十番札所鶴林寺と二十一番札所太龍寺を目指して走り出します。R55を勝浦川で県道16に折れ川沿いに走り、生名(いくな)から稜線へ向けて上り始めます。
 車道は、4.5Km、10%の上りなので、焼山寺より若干傾斜が急ですが、この微妙な差が腰に来ます。稜線に出ると一瞬傾斜が緩みますが、すぐに10%超に戻り、休ませてくれません。ビンディングでなければ、間違いなく押したでしょう。
 大きなお寺で、江戸末期に建てられた三重塔もありましたが、シーズンオフなので誰もいません。強い北風が木々を揺らしています。
 路面が濡れているので、ゆっくり下りながら、太龍寺は又の機会にすることに決めました。

58.66km

2 コメント

  1. smak Says:
  2. お疲れ様でした。
    鶴林寺の登られた裏道(勝浦側)は、局所的に相当な勾配だと思います。焼山寺ほど長くはないですが、鶴林寺の方が手強い印象。
    私、太龍寺は自転車は未踏です。

     
  3. taka Says:
  4. smak さま 
    昨日は、帰宅後サイフを忘れていたことが発覚しました。太龍寺へ行っていたら、ハンガーノックと向かい風で、えらいことになっていました。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com