このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

国会図書館 地図室

2013年7月20日土曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 久方ぶりに MARIN Pine Mountain での出走です。私の持っている自転車の中では最も高額ですか、20年物の上、買い物かごが付いているので、図書館での長い駐輪も心配ないでしょう。
 道は、都心へ向かう定番の駒沢通り。中目黒までは片側1車線なので駐車もほとんどありません。槍ヶ崎から同潤会アパートだった代官山アドレスの横を走り、青学の脇を抜けて青山通りへ。
 永田町まで走ると、首都高の高架下から国会議事堂が見えてきます。
 参議院議員会館をを過ぎると到着です。まもなく参院選ですが、住人はいないので静なもんです。
 駐輪場に自転車を止め本館4階の地図室へ向かいます。
 昔は小さな引き出しに入った索引カードを手で探し、閲覧申請用紙に転記していましたが、今は様変わり。
 手順としては、
(1)自宅のPCから、入館カードIDで国会図書館サイトにアクセスし、蔵書
 (地図)を検索。
(2)検索結果を、国会図書館サーバのマイリストに保存。
(3)図書館館内PCで、自分のIDでアクセス。マイリストから閲覧申請。
<名前を呼ばれ、地図を借りる>
(4)館内PCから複写申請用紙を印刷。
(5)印刷位置を指定(地形図の場合)し、地図室カウンターで複写許可を
 受け、複写カウンターへ持ち込む。
(6)コピーを受け取りお金を払う。
 閲覧申請のデータを自宅で事前に作れるので、飛躍的に効率化しました。A2版のコピーが可能になったのも、地図フリークにとってはありがたいです。
 今日の釣果は、明治期の秦野、山北あたり。
 50.04km

2 コメント

  1. や ま Says:
  2. 何度か学会出張で行ったことのある界隈ですが、国会図書館なるところへは、行ったことがありません。
    ネット社会は、できる人にはどんどん便利になるのでしょうが、アナログ親父にはキビシックなるばかりです。

     
  3. taka Says:
  4. >や まさま
    今回閲覧した地図に限れば、徳大の図書館で見ることができます。開架なのでずっと手軽だったりします。
    勝手に探して勝手に手に取れるのが、実はいちばん便利です(笑)

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com