このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

酒々井(しすい)から成田空港

2014年11月23日日曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 昨年(2013) 三菱地所のアウトレットがオープンした京成酒々井まで輪行し、成田空港脇のホテルへ。ルートが甚だ錯綜しているのは、移動が目的でなく、古い地形図で気になる場所を探索したためです。
 昭和22年発行 1/50000 「成田」印旛沼のくびれ部分。
 中央排水路へ延びる排水溝。中央干拓地が完工したのは1969年(昭和44)。
 昔の湿田と沼の境目。住居は全て昔からの山際にあります。
 水準点(30.66m)、三角点(35.0m) はいずれも見つかりました。高みにある三角点は発見できましたが、水準点は、地元の人に教えてもらいました。道端で探している態は不審者そのものなので、人を見かけたら尋ねるに限ります。
 1944年(昭和19)に廃止となった成宗電気軌道跡。成田山門前と宗吾霊堂を結んでいました。
 明治42年発行 1/50000 「成田」完全に埋め立てられた長沼あたり。
 元の桑畑、湿地帯、湿田ひっくるめて、水田(乾田)として耕地整理されています。
 うろうろしている内に日没。高速道に沿ったR295は怖すぎ。コンビニも見つからないので県道44号線にまわるも、こっちはA滑走路の下のトンネルが危険。用意していた蛍光ベストが役立ったのかも知れません。
 これから東横イン成田空港に2泊します。ここに観光目的で来る人は、あまりいないでしょう。東横イン規格を大幅に上回る広さに驚きましたが、ホテルの周りは駐車場ばかりで、店一軒ありません。
 73.49km、5:19

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com