このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

千住、町屋、西日暮里

2016年1月15日金曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 地図の旅愛好会のNさんと、巡検の下見で千住を探索。
 JR貨物隅田川駅。かつては、隅田川の水運と連絡し水扱積卸場が設けられていました。
 千住製絨所(せいじゅうしょ、絨は毛織物)跡から隅田川を渡り、東京都中央卸売市場足立市場で昼食。Nさんは、煮魚(580円)、私は張り込んでウニ、煮アワビ、タチウオ(1500円)。コスパ感では判定負けか。
 ここのすぐ北には「やっちゃ場」千住青物市場がありました。
 東京芸術センターの21F(天空劇場)からの都心方面。東京のビル群は圧巻、不気味でもある。
 下見を終え、町屋方面へ尾竹橋通りを歩くと、ゴミ箱の陰に橋の親柱が。
 ずっと標高2-3メートルの平坦路でしたが、西日暮里で20mあまりの台地へ。山手線は台地直下に沿っています。
 最後は千駄木まで歩き千代田線で帰宅。
 13.3km(歩き)

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com