このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 女川から西へ。万石浦(まんごくうら)から旧北上川を渡り石巻市街。復興まちづくり情報交流館でお話を伺いました。
 石巻市は人口15万弱。旧北上川河口部に広い平野を持つ分、津波の被害も広範囲に及びました。
 日和山(ひよりやま)に建つ鹿島御児(かしまみこ)神社。
 白い円盤は石ノ森萬画館。公道ではまれな、30%の急坂がありました。
 14年ぶりの北上運河。石井閘門の近所の人の話では、川から津波が来たが、勢いは弱く被害は少なかったとのことです。海に近づくと運河の被害は甚大です。
 野蒜築港を目指しますが運河沿いには走れず、航空自衛隊松島基地わきからアプローチ。右手の塀のように見えるのは、飛行場の盛土です。
 2002年に作ったホームページの場所には近づけません。跡形も無くなっているのでしょう。
 近所の人(今は仮設住宅)の話では、前方に少し残った松林が海岸線。その先に高い堤防を作っている。
 津波の際は、家族と犬を連れて避難したが、犬のエサを取りに戻り津波に巻き込まれ、今鯉のぼりのある微候地へ逃げて助かった。・・微候地は、墓地になっています。
 北上運河の野蒜側。明治の遺構は姿を消しました。
 鳴瀬川を渡り、野蒜築港の対岸へ向かいます。仙石線は付け替えられ高架になっています。
 旧野蒜駅は、地域交流センターとコンビニになっていますが、駅構内は瓦礫を撤去しただけの状態です。
 野蒜駅、東名(とうな)駅が、新しく街を作る高台に移転し、2015年5月に仙石線全線の運転が再開されました。
 外国人観光客で賑わう松島を経て多賀城跡。残っているのは多賀城碑(762年)と地形です。ここに、津波は到達していません。
 仙台駅19:10のやまびこ54号で帰京。首都圏のラッシュを避けるため、大宮で乗換え湘南新宿ラインで武蔵小杉下車。最後は雨の夜間走行となりました。
 82.20km、5h48m、TOTAL 290.83km、自宅側を加えると 307km。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com