このブログを検索

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 

 宿が駅の向かい。自転車運搬エリア、朝の通勤通学風景。
 ゴッタルド鉄道トンネル(旧トンネル)を挟んで、7つのループ。
 朝もやの中、ティチーノ川に沿っての下り。ベリンツォナ(Bellinzona)のお城は世界遺産(後で知りました)。道路の排水口の蓋はロードバイク対応?
 電話ボックスが、LITTLE FREE LIBRARY(不要な本の交換用か)に。なぜ、英語表記なのかは謎。
 マッジョーレ湖の遠望。この日は小さな峠をいくつも越え、獲得標高は今回最大の2074mになりました。
 道の難しいルガノ(Lugano)を横断しルガノ湖畔を西へ。スイス出国、イタリア入国。職員がおらず、アイコンタクトすら無し。
 ユーロで食料補給。買いませんでしたが、すしは15-20ユーロ。品揃え豊富です。
 メナッジョ(Menaggio)到着。ここからフェリーで対岸のバレンナ(Varenna)へ渡ります。
 自転車と合わせ 5.6ユーロ、15分の航路です。
 バレンナ着岸。
 港から Agriturismo Castello di Vezioを目指して登坂。が、入れず。頼みのインターホンは、滲んだイタリア語が9個所。レセプションがどれだかわかりません。イタリア語が分かるか、インターホンを片っ端から鳴らすイタリア人気質がないと入域不能。要はイタリア人限定なのか(笑)
 侵入路も見つからず、断念して山下り。
 今回の最長走行距離、最長乗車時間、最大獲得標高の長い一日が終わりました。
 92.87km、6h52m

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com