このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

 "Passo San Gottardo" 今回の華、ゴッタルド峠越え。アンデルマット側からは雲の中。同宿のドイツ人は「やめた方がいいんじゃない」ですが、宿の息子は「雪は積もってない。行くべきだ」 迷った時は Go。
 ホスペンタール(Hospental)で盆地を抜け本格的な上りに。アンデルマットは中央奥。
 広いカール。きつい坂には見えないが。振り返ったところ。
 峠手前、ウーリ州(ドイツ語圏)とティチーノ州(イタリア語圏)の境界を越えたあたりで平坦になり、石畳の旧道が現れます。(右)1918年、(左)2018年。
 小さく写る前を行く3人は、ドイツ人のご夫妻と14歳の息子。ご主人はデュッセルドルフのホテルオークラで働いていたことがあるらしい。
 「あなたがドイツの最も古い都市trierに来たなら、私たちはあなたのためのガイドを喜んでします」とのこと。トリーアはローマ帝国の拠点で、モーゼルワイン発祥の地。
 ゴッタルド峠(2106m)到達。北海へ注ぐライン川と地中海に注ぐポー川の分水界。
 (右)1918年、(左)2018年。
 峠には要塞(今はホテル)。永世中立を保つのは大変。
 峠の広い鞍部には湖沼が点在しています。
 峠を越えると空が明るくなりました。路面はずっと石畳。
 低速ダウンヒル。休まないと握力が持たない。
 ドイツ、スイス、イタリアを結ぶ歴史ある交易の道。
 100年前と変わらぬルート。
 ティチーノ川の谷に出ると、足元はアイロロ(Airolo)の街。
 ボーディオ(Bodio)のゴッタルドベーストンネル南側口。
 宿探しモードに入り、ビアスカ(Biasca)駅前のホテル。宿の主人はイタリア人でした。まだスイスですがイタリア語圏、ネスレの独占も崩れています。スーパーには栗。
 67.19km、4h34m

2 コメント

  1. や ま Says:
  2. 痺れる光景です。
    ずっと、石畳ですか?

     
  3. taka Says:
  4. 峠手前の鞍部から始まり、下りに入って6km、高度差400m が石畳です。停車(休み)と撮影の繰り返し、好天でよかったです。新道(国道2号線)があるので、クルマはクラシックカーで来て撮影している人くらいで、ほとんど走っていません。すごい道ですわ。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com