このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

 今日の目的地はサイクリストの聖地、ギザッロ教会(Madonna del Ghisallo)。フェリーでベラジオ(Bellagio)へ渡れば近いのですが、コモ湖畔も走っておきたいので、陸路レッコ(Lecco)経由で行くことにします。
 先ずは教会の泉でボトル満タンに。泉待ち行列は英国から来たみなさん。
 景色は良いが、走りやすい道ではありません。
 レッコから対岸のマルグラーテ(Malgrate)
 サン・ニコロ大聖堂(Basilica di San Nicolo)
 コモ湖の流出口、アッダ川の橋から。
 ベラジオ方面へ北上。湖岸を走りたいが2度にわたり私有地で道が封鎖され、引き返して長いトンネルを走ることに。
 オンノ(Onno)の集落。港の造りが漁師町だったように感じます。
 ヴィズニョラ(Visgnola)から折り返す形で半島の稜線へ。画像は北方向。
 道路標識は 14% を表示。ジーノ・バルタリとファウスト・コッピがジロ・ディ・ロンバルディア(1950)で競った場所。
 厳しい上りが続きます。押しも入りました。
 予想より1時間以上遅い16:40 ギザッロ教会到着。 「ジロ・ディ・ロンバルディアでは、選手たちが教会の脇を走り過ぎるときには鐘が打ち鳴らされ、観衆の興奮は最高潮に達する」 (BEL CORRENTE)
 1949年にローマ法王ピウス12世が、ギザッロ教会の聖母マリアを “サイクリストの守護聖人” として布告しています。由緒正しい聖地です。
 今日の宿はエルバ、自転車博物館に寄る時間はなく、神のご加護の下(教徒でないのでなかったと思うが)高速ダウンヒル。朝、Booking.comで予約しましたが、到着時間を求めるメールが入った Airbnbっぽい宿。オリベッティのタイプライターは棚にあったのを撮影のためベッドにのせました。
 77.09km、5h32m

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com