このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

マヨン山麓(1日目)

2019年2月18日月曜日

大きな地図を見る
 市街の宿を出発し、アルバイ湾から空港近くの Lignon Hill に上り、前日に眺望を確認したカグサワの宿へ。
 マヨン山、見えました。ただし、初日の宿は街中なので眺望はいまいち。
 市街地南の丘陵を越え、アルバイ湾の海岸へ下降。
 LEGAZPI のランドマークから海を隔てたマヨン山。粘ってタイムラプスを撮りましたが、最後まで山頂の雲は取れず。
 レガスピ港ショッピングモールのHometown Bike Shop。マウンテンバイクが主で、高級車が並んでいます。フレームも大量に陳列しているプロショップです。
 標高150mほどのLignon Hill、入場料25ペソ。中腹には日本軍のトンネル、JAP で改行しているのは意識的か?。説明文は、The Japanese assault forces made a beachhead in Legazpi on December 12, 1941. This tunnel was used as the holding or storage area of ammunitions during their occupation of the City and its environs....
 1941年12月12日、日本の攻撃部隊はレガスピに海岸堡を作った。このトンネルは、市街を占領している間の弾薬の保管場所として使われていた。・・1945年4月1日、米国158軍が港と滑走路を確保した。
 山頂にはレストランがあり昼食。マヨン盛りでしめて80ペソ。
 山側。16%の坂もあり、短いならがも厳しい上りでした。
 滑走路側。
 昭和12年発行の海軍水路部「タバコ灣及アルバイ海灣」(1/50950、部分)いわゆる外邦図で「原図ハ1935年迄ノ米國ノ測量」と記述されています。
 米軍側の地図。1944年版なので、奪還作戦に向けて印刷されたものか。
 15時に、前日下見した宿に到着。洗濯後、屋上でのんびり。
 夕暮れのタイムラプス (0:43)

23.95km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com