このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 気温は18度、快晴。気持ちの良い朝。宿の前は鉄道です。ただし、朝一の仕事は両替。
◆ 銀行のお姉さんとの会話 ◆
(私)日本円からユーロに交換できますか?
(ク)できるけど、クーナ経由だから2回手数料をいただくことになる。スロベニアに入ってから両替したら。
(私)宿代が足らなくて待ってもらってるんよ。40クーナと残りはユーロでお願いします。
(ク)何か複雑。初めてだわ。
(私)クロアチアもEUに入ったんだから、ユーロにすればいいのにね。
(ク)そうなのよ。マジ、めんどくさいわ。
(私)連合王国のポンドみたいやな。
(ク)あ~、出ていく国ね。
(私)それにしても、気候がいいからサイクリングに最適だわ。
(ク)今週から良くなったの。冬は寒くて、夏はむちゃ暑なの。
(私)Wikipediaで見たけど、この辺は大陸性気候みたいね。
(ク)そうそう。過ごしやすいのは、今だけ。

<伝票を出納係に送り、雑談タイムに>
(私)日本ではミルコっていうキックボクサーが有名だよ。
(ク)ミルコクロコップね。くすっ。
(私)クロアチアでもクロコップで通じるの? 日本でのリンクネームで、クロアチア人は使わないって聞いてたわ。
(ク)通じるよ。フットボールはどう?
(私)ワールドカップのファイナリストだったのは知ってる。オシムっていうコーチがいた。・・今調べたら旧ユーゴスラビアのボスニア出身だった。非常にまずい。

<ここで、ユーロとクーナがリフトで届く>
(ク)少ないけど、しょうがないわね。いい旅を続けてね。
(私)うん、ありがとう。
 宿に戻り、クーナで精算。国境を目指します。のんびりした丘陵の田舎道。クロアチア側では D207号線。
 直進すればスロベニア。クロアチアはEU加盟国ですが、シェンゲン協定に入ってないので、実質的にはここがEU圏の入り口になります。
 無事越境し振り返ったところ。陸路(自動車マーク)のクロアチア出国印、スロベニア入国印が押されました。
 道路はスロベニアの107号線に変わります。ただし、しばらくは極めて入り組んだ国境沿いを走ることになります。線路路肩の有刺鉄線の先はクロアチア。
 自転車の扱いは、スロベニアもクロアチアと同様に日本風。ママチャリは走っていませんが、自転車は車両の仲間でなく、人の仲間に。土曜日なのでロードバイクも。レッカー車風の鉄道車両。駅に保存されている蒸気機関車。
 機内食以来のまともな食事。ビーフとアップルのサラダ(7.6 EUR)、オレンジジュース(2.0 EUR) 美味い。
 圧延工場らしき大工場があるツェリェは、鉄鋼業で栄えた町のようです。宿は昼食のレストランからネット予約したHotel Grande、47.95 EUR。無駄に古典風。レセプションの青年にスロベニアになってから生まれたのか尋ねたところ、答えはギリシャ生まれで両親と移住してきた。成功しそうな優秀な若者でした。夕食は、もも、プラム、ケーキなど 3.98 EUR。
 64.14km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com