このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る

 今日は敦賀まで走った後 15:23発の新快速で徳島へ向かいます。青春18キップなので、この列車が終電になります。この列車、姫路まで直通です。
 足の具合は良くなってきましたが、遅れる訳にいかないので6時前に出発します。
 1962(昭和37)年の北陸トンネル開通まで、北陸本線は海側のルートを取り、12のトンネルと4つのスイッチバックで中山峠を越えていました。
 旧線跡は、だいたい県道207号線となっています。
 大桐駅跡の案内があります。ここも、スイッチバックの駅でした。

 トンネルは暗く狭いですが、交通量が少ないので、そう恐れる必要はありません。
 一度、対向車がトンネル前で待っていてくれましたが、追い越し,すれ違いは1台もありませんでした。最も長い山中トンネルは 1194m あります。

 自転車のライトでは路面状態まで見れませんが、保守は良好です。数ヶ所水がシャワー状態ですが、水溜りもありませんでした。

 トンネルの切れ目では、突如敦賀湾が望めます。
 大桐駅に代わり、北陸トンネルの北側に南今庄駅が生まれました。 旧線は、25パーミルの急坂ですが、自転車にとっては、2.5%の緩い坂です。
 杉津(すいつ)駅跡地は、北陸自動車道の杉津PAになっています。今庄以降自販がなかったので、徒歩で裏からパーキングに入り、水分補給をします。

 敦賀は水戸天狗党終焉の地。

 2010/1 に茨城月居(つきおれ)峠へ行っているので、最初と最後をたずねたことになります。

79.53Km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com