このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 実質的な最終日です。先ずは台中市内でランチ。待ち合わせ場所へ向かいますが、ミスコースと言うか、行き過ぎて大遅刻。時間に正確でない日本人もいることがバレてしまいました。
 すっかりごちそうになってしまったので、来日が待たれるところです。なお、会った内のひとりは、日本語ペラペラですが重度のオタクで、秋葉原は私より詳しそうです。通訳してもらうと、全部オタク言葉になってしまいます(笑)
 午後は、豊原にある Andrew の実家訪問。長い付き合いの Andrew ですが、客家で四合院に生まれ育ったとは知りませんでした。
 「萬選居」1873年建造。伝統的な客家建築で閩南式四合院多護龍云々。1999年の921大震災で損傷を受け、台中県文化局が修復したと案内板に書かれています。Wikipedia にも載っています。
 この日は、地域の子供たちが見学に来ていました。
 お母さん、義理のお姉さんともご挨拶。次回は本人に解説してもらいましょう。
 豊原駅から自強号で台北へ。宿は、またSpace inn にしました。都合3泊したドミトリですが、8人部屋で 7名、1名(私だけ)、8名が同室でした。ユーティリティスペースが広い宿なので、寝室は静かなもの。カーテンを閉めると、全く気になりません。ただ、同室だったのは台湾人、韓国人、ニュージーランド人なので、公共概念が元から無い、と言われる大きな国の人とは一緒になっていません。
 32.21km、2:11、Av 14.6km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com