このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 さて、天気予報は終日強い雨。高知に滞留する手もありますが、後悔しそうなので上下レインウェアで出発。
 仁淀川を渡るまでは小降りでしたが、かんざしを買った純信の出身地、土佐市戸波あたりからは強い雨。以降、休憩はすべてトンネルの中になりました。
 旧道を走る計画でしたが、時間節約のためトンネルの多い新道を走ります。これは、非常に残念です。
 天誅組の首謀者、津野の吉村虎太郎像も雨にけぶっています。棚田もパス。隈研吾建築都市設計事務所の設計「雲の上ホテル」も雨。
 16:50 檮原の町に到着。電柱がないのは結構だが、信号が目立つ。
 宿は、隈研吾のマルシェ・ユスハラ。2010/7完成、まちの駅「ゆすはら」の2,3階がホテルになっています。
 自転車は室内保管できました。設備も快適で、ずぶ濡れの靴も乾かすことができました。
 80.00km、5h52m

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com