このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

府能旧道と cafe BROMPTON

2017年4月23日日曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 大坂峠と並ぶ徳島の定番、旧道での府能越え。ここ、知り合いに会うことが多い路ですが、今日は初めて会った早そうな人とお話しながら上りました。元実業団のSさん、自転車はゆっくり走るに限ると、意見は一致。
 神山の道の駅を過ぎ、下分を越えたあたり、cafe BROMPTON への案内矢印が。宇井橋を渡って進むと、ぐんぐん高度を増して行きます。新緑が気持ちいい。
 林道が交錯し道が難しく、Google Maps では役に立たず。地理院地図で道を調べ江田方面へ。
 一月前なら菜の花が咲き乱れていた江田の棚田。まもなく水入れが始まります。地元の人の話では、江田谷川上流の標高が高いので水を引けるとのことです。源流奥の稜線は1300m 近くあります。
 江田谷川から上りなおして "かん垰(たお)"、久しぶりに、丸文字の「神山の峠」案内板を見ました。
 神山山中に忽然と現れる cafe BROMPTON。好天の日曜日、賑わっていました。
 10ヶ月ぶりの cafe BROMPTON、今回もカレーをいただきます。cafe は、東京から移住の若いYさんご夫妻+オーナーのお母さんが切り盛り。ヨガ教室などに使える広いウッドデッキができていました。cafe の並びには、まもなく苔のお店(盆栽みたいな苔床だと思う。これ、ベトナム人が異常に好きです。)もできます。 何やら、ムーブメントの予感。
 オーナーのDさんのお話では、cafe裏山の古民家の貸出も計画中とのことなので、行ってみます。
 広くて眺望も抜群。15名泊まった実績もあるらしい。
 帰路は鬼籠野経由。徳島市街も近いのに、素晴らしいサイクリング環境です。好天、気温18℃、至福の88km。
 88.23km、5h18m

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com