このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る

 今日は女王誕生日の祭日。海岸を離れ、山に向かいます。先ずは、車に自転車を積み、タンボリン・マウンテンまでドライブ。
 高台で待っていると、5月に横浜-江ノ島を一緒に走ったTrevorたちが走ってきます。ゴールドコーストおやじレーシングでしょうか。ヘルメットやサングラスでわかりにくいですが、年齢層高そうです。

 そのまま、ロブさん宅へなだれ込みますが、これがまた日本の尺度だと豪邸です。ガレージにはモニター付き固定ローラー、壁に内蔵したガラス張りの暖炉、ウッドデッキからは山が望め、卵は庭の鶏から。

 タンボリン・マウンテンは、サーファーズパラダイスから北西30kmにある国立公園で、標高500mほどの山塊です。
 車で上ったあと、高原地帯を走り麓のカナングラまでダウンヒルを楽しみました。
 ぶどう園も多く、森の中にワイナリーが点在していました。

 車で先回りしたGusと合流し、ブリスベンまで走ります。今夜はブリスベンのGusさんのお姉さん宅で泊まるとのこと。 この段取り、「聞いてないよー」ですが、いまいち自信がありません。Gusさんは簡単な英語でゆっくり話してくれますが、結構おしゃべりなので、聞き流していたりします(笑)

 ブリスベンは人口200万人ですが、緑の多い静かな街です。ここでは、市内を屈曲して流れるブリスベン川をフェリーで渡り、川岸の自転車道を走りました。浮き橋で作った数百メートルの自転車道は2月の大洪水で流され、復旧工事中でした。
 大都市ですが、工場が無く空気が澄んでいます。この街には、古い様式の高床式木造住宅が多く残っています。 木造住宅を移築したお姉さん宅は、東洋指向を感じさせる家で、鎌倉で買ったという風鈴が風をさそっています。

48.37Km、3h19m、14.5Km/h

2 コメント

  1. smak Says:
  2. 貴重な体験をされていますね。
    羨ましい限りです。
    レポートは興味深く拝見しております。

     
  3. taka Says:
  4. smakさんこそ、出張先のギリシャでの突然のヒルクラ とは!!
    美女2人組と会話をエンジョイできる英語力が欲しいです。ブリスベンのマックで「Lセットをオレンジジュースで」と頼んだら、何か言われました。ポテトを食べ終わったころに、「オレンジジュースはLにできないよ」だったことがわかりました。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com