このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る

 オーストラリアのイメージは、ビーチと砂漠で自転車には不向きな感じを持っていました。しかし、昨年山梨の御坂峠で知り合ったGusさんの話によると、山もあり木も生えている、でっかいカルデラもあるよ! とのことなので、行くことに。
 日本の冬に計画しましたが、クイーンズランド州が記録的な洪水に見舞われたため断念。来年かなっと思っていたところジェットスターが、激安(東京-徳島正規運賃ほど)になったので、真冬の豪州行が決まりました。冬といっても、10度-20度くらいなので、自転車で走るには良さそうです。

 ゴールドコーストの南にあるクーランガッタ空港に6:30 着。約束の9:30ピッタリにGusが雨の中自走で来てくれました。オーストラリアは自転車にヘルメットが法定なので、昔レースで使った年代物をかぶってスタートします。「ケイリン」みたいと言われちゃいます。

 乾季のこの時季、雨は非常にめずらしいようです。今日は終日Gusさんについて走り、夜もお宅に泊めてもらいます。
 雨も小降りになり、先ずはビーチ沿いのサイクリングロードを走り、朝食は Gusさんの古い自転車仲間のリンダ夫妻と。彼女達は来週からドイツ-モスクワの自転車ツアーに行くとのことです。
 ハンドルに厚い生地の輪行袋、バックパックに衣服3セットを背負っているので、サイクリング的には重装備です。

 Gusは、今日も自作のWooden Bike 。ゴールドコーストは、自転車で回るのに、調度良い大きさです。

 午後は雨もあがり、非常に快適です。Gusさん、街を知り尽くしていて、ツール・ド・フランス 通算12勝のロビー・マキュアン邸も教えてくれました。

 サーファーズパラダイス、メインビーチから豪邸の建ち並ぶソブリン島へ。「あそこに橋があり、高いマストの船は入れないので、少し安い」とか、Gusの説明は細かいので、貧弱な英語脳が悲鳴をあげます。

 パラダイスポイントにあるお宅の秘密基地。後日お会いした方々も、皆さん広い作業用ガレージを持っています。一人当たりのGDPは、日本の1割増ですが、仕事より熱心に(?)ガレージで生み出される付加価値が、統計に現れない豊かさの大きな差になっています。お宅では、奥様のMichiyoさんと初対面。旧知の白戸太朗さんのお話など。

63.62Km、3h55m、16.1Km/h

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com