このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る

 バリナは、リッチモンド川河口の静かな町です。今日はここから海岸沿いに北上します。
 南太平洋に突き出す河口の防波堤の先端まで走って見ました。台風接近って感じですが、いつも波は高いようです。しゃれた色使いの案内板がありました。

 レノックスヘッドを経て、お昼過ぎにバイロンベイ到着。桂浜+軽井沢の感じでしょうか、ちょっと泊まる気が失せたので、マーウィランバまで走ることにします。
 2004年まで使われていたバイロンベイ駅は、カントリーリンク(鉄道、バス会社)の旅行センターになっていました。ちなみにセンターは、'centre' です。線路はそのまま残っています。

 少し内陸へ走り、インターチェンジからパシフィック・ハイウェイ(Route 1)に入ります。日本の感覚だと完全に高速道路。東名を走っている感じです。
 ここで、 "YAMAHONで行こう!" で教えてもらった、バックパックのハンドル掛けを初めて行います。ハイウェイでやることもないと思いますが、ふらつきもなく背中のクールダウンが出来ました。
 速度制限は 110Km、線形も高速道ですが、合法です。インターチェンジの分岐路には「自転車の横断注意」の標識がありました。実際、バイクレーンの幅が広いので、100Km制限の田舎道より、ずっと安全だと思います。

 インターを降り、トゥイード・バレー・ウェイを走ります。時代物の木製鉄橋がありました。廃線になったのは、わずか7年前のはずですが。

 いくつか丘を越え、トゥイード川中流のマーウィランバに到着。美しい町です。 今日から、ここに3泊します。
92.77Km、5h56m、15.5Km/h

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com