このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

坪尻駅と雲辺寺

2011年8月23日火曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る

 阿波池田駅まで輪行し、R32を高松方面へ走り坪尻駅へ。三好市の中心部からわずか3駅ですが、有名な秘境駅です。
 国道に「坪尻駅 600m」の標識がありますが、駅への道がありません。
 あるのはガードレールの隙間から延びる山道だけです。
この短いガードレール、Wikipedia 「坪尻駅」の 2008年の写真にはありません。車で降りようとした人がいたのでしょうか。

 不法投棄の粗大ごみを避け、倒木をまたぎ、山道を下っていきます。

 高低差90mほど下るとようやく駅が見えてきます。

 線路と駅舎は谷底にありますが、意外と広い平坦地です。スイッチバックの退避線に駅があるので、気動車の馬力の上がった現在では多くの列車が通過します。

 この平坦地は房総半島でよく見られる「川廻し」により確保された土地です。

 川をトンネルで短絡することにより、元の河床を駅に使っています。

 「地図の旅愛好会」
 養老渓谷へ川廻し地形を見に行く

 山道を上りかえしSPDの泥を払って、旧道の猪ノ鼻峠を目指しますが、国道をそれて少し走るといきなりダートです。 先週、飲んだ や まさんのサイト にしっかり書かれていました。確認しておけばよかった。
 トンネルで峠を抜けても面白くないので、予定を変更し鮎苦谷川を遡行して、雲辺寺へ上ることにします。
 天候の優れない平日ですが、大勢お遍路さんがいました。

 雲辺寺から徳島、香川県境の稜線を走ります。眺望はありませんが、快適な高原道です。昭和初期までは借耕牛の道だったと言う曼陀峠を越え、阿波池田へ戻ります。山を降りたら突然の豪雨でびしょぬれ。いい季節にまた走りたい道です。

 54.52 Km

2 コメント

  1. や ま Says:
  2. 坪尻駅、行きましたか!
    噂には聞いていましたが、本当に歩く道しかないのですね。
    確か、現在利用するのは民家1軒だけで、高齢の方で、そろそろ通過のみになるかも、とどこかで見た気がします。
    小学生の修学旅行(40年以上前)の時、スイッチバックがあると知っていましたが、気付かなかったような記憶。
    川廻しの話は初めて知りました。

     
  3. taka Says:
  4. 坪尻駅、なかなか良かったです。
    昼なお暗い森を抜けると、そこに突然駅が!!
    阿讃県境の道は、山深いと言っても自転車を拒絶する険しさはなく、わたし向きな感じがします。
    次は、天気の良い日の中央広域農道を狙っています。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com