このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

安倍峠、大谷崩 DNF

2011年8月6日土曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る

 今日の計画は、青春18キップで身延まで輪行、安倍峠まで22Kmで1280m上って県境を越え、梅ケ島金山温泉まで下った後、宝永地震(1707年)で山体崩壊したという "大谷崩れ" を詰め、その後安倍川沿いに静岡まで下るダイナミックなルートです。
 R52から分岐した豊岡梅ケ島林道は 5Kmほどで大城川から別れ高度を増し、通行止めのゲートからの11Kmは、8%の坂が峠まで続いています。道路崩壊のため当分の間通行止めとのことですが、自転車なら大丈夫でしょう。

 このあたり、フォッサマグナの脆くて古い地層帯です。20mくらいの滝は珍しく無いようで、名前も付いていません。

 峠まで2Kmのところで、土砂崩れで道路が覆われていますが、この程度は折り込み済みです。念のため、自転車を置いて偵察に。

 ・・・、ちょっと無理っぽいです。無理して崩落面を横断しても、対岸で道路に登れそうもありません。トラバースするにも傾斜がきつく、自転車を担いでは登れません。

 R52まで引き返し、たらたら清水方面へ走ります。この道「みのぶ道」などという優美な名前が付いていますが、その実「ダンプ街道」です。
 どうも DNF のショックから集中力を欠いているきらいがあるので、東海道線まで走らず、身延線井出駅から輪行で帰ります。

 61.59Km

2 コメント

  1. や ま Says:
  2. 土地勘がないのですが、身延から西方向・山梨、静岡県境付近には、魅力的そうな道が沢山ありそうですね。
    またいろいろ情報、教えて下さい。
    個人的には、もう少し上の南アルプススーパー林道をぜひ自転車通行可にしていただきたいところです。

     
  3. taka Says:
  4. この夏は、どうにも天候不順です。満を持しての安倍峠が失敗に終わり、がっかりしています。
    南アルプススーパー林道、レインボーブリッジ、大鳴門橋は、意地悪やめて欲しいですね。

    明日、西へ向かいます

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com