このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る

 大歩危駅まで輪行し、かつて有料道路だった祖谷渓道で祖谷川に転じ、京上トンネル手前からR439を高知県側へ走ります。分岐から14Kmの登坂、県境の京柱峠は標高1130mです。
 坂はずっと5%くらいなので、踏める坂です。峠手前では傾斜は緩くなり、稜線に沿って前方に見える県境の鞍部を目指す豪快な峠越えです。四国のサイクリストなら一度は行かねばなりません。珍しく峠の茶屋が健在で、しし肉うどん800円です。

 峠からは豊永駅直前まで下り、吉野川を400mほど上から見下ろせる谷間豊永林道などを大歩危まで走ります。このコース、どなたかのサイトで知りましたが、400m-500m の等高線に沿うように走り、吉野川中流を高角度で眺められる素晴らしい道です。

 標識が皆無なので、調子に乗って走っていると、集落内の道に入り、あっという間に200mくらい下ってしまいます(泣)
県境もわかりませんでした。

(右が大歩危方面、左は吉野川右岸へ下る道、対岸の国道へ渡る橋なし)

 累積標高 2187m でしたが、 頂き物ものの GODIVA 塩入りチョコの効き目で、足つりなしでした。

81.39Km

2 コメント

  1. や ま Says:
  2. お疲れ様でした。
    谷間豊永林道、未走です。
    いい道のようですね。

     
  3. taka Says:
  4. >谷間豊永林道
    未走ですかー。実は、や まさんの移植着手前のサイトにあったような気がしていましたが、確信が持てず漠然とした表現にしました。
    ここ、行くべしです。詳しい地図を持って(笑)

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com