このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

湯布院~阿蘇

2012年10月4日木曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 今日は九重連山を越えて阿蘇へ。1994年まで有料道路だったやまなみハイウェイを走ります。最高地点の牧ノ戸峠(1333m)との高度差は800mくらいですが、アップダウンの多い道です。
 曇ですが、日が差したり雨がぱらついたりの不安定な天気です。
 伐採した植林地。景観保持のため?、道路沿いだけ1本残しています。

 九重"夢"大吊橋(DQNネームですな)へ寄り道しようと農道を走っていると、今回初めての自転車乗りに遭遇しました。
 日本一周中のI君、自転車はこの旅で始めたようですが、61日目とのことで余裕を感じさせます。一通りのトラブルはこなしてきたのでしょう。
 九重"夢"大吊橋(笑)は、十分過ぎる重厚な作りで山間の吊橋のイメージとはだいぶ違いますが、街おこしには役立っているようです。自転車不可。

 やまなみハイウェイ、核心部。

 天候も回復してきました。

 牧ノ戸峠を下ると、阿蘇外輪山のへりにたどり着きます。

 肥後国一宮阿蘇神社に寄り道してから宿探しモードに入り、きょろきょろと低速走行。昨年のオーストラリア以来のいわゆるバックパッカーズに決めます。
 右から、フランス人、ポルトガル人、ドイツ人、日本人、シンガポール人。みなさん、日本の物価高には苦労しているようで、自炊派が多かったです。

 71.46km、走行時間 4:56

2 コメント

  1. smak Says:
  2. 下から2枚目の写真は私も同じところからの写真をブログで紹介したように思います.
    道はどうでしたか?
    車で走った感じでは,自転車は走りにくそうな気もしましたが...

     
  3. taka Says:
  4. smakさんのブログで阿蘇とか草千里とか読んだ記憶があります。車でしたっけ。
    ここからの下りはヘヤピンが多くスピードは出せませんが、路面は良かったです。
    この手前の牧ノ戸峠からの下りは、寒すぎて停車するほど高速で下れました。
    今回のツアーは、後で出てくる島原半島と長崎市内以外は、交通量も少なく走り易かったです。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com