このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 天草上島の南岸を走り本渡へ。1970年代の観光ガイドブックでは表紙になったような本渡瀬戸のループ橋も今では農道でも使われる技術です。
 横にある昇開橋。 軽車両まで通行可、一日に数回昇降するとのことです。

 本渡からは北進し鬼池港へ。タッチの差で一本乗り遅れましたが、45分毎に運行しているので影響は少ないです。440円。折りたたんだので、特殊手荷物運賃(240円)は要りませんでした。

 島原半島、口之津着 12時。海沿いに島原まで走る予定でしたが、足が余ってる(?)ので、山越えすることにします。
 アップダウンの多い道です。補給地点がなく、昼食は「大阿蘇牛乳キャラメル」。 道路標識は雲仙の温泉街までの距離を表示していましたが、きつい上りはその後でした。

 期待の普賢岳、平成新山は山上では前山で見えず、望めたのは北へかなり下ってからでした。

 海岸まで下り、宿探しモードに入ったのは17時を回った後でしたが、無事見つかりました。

 83.83km、走行時間 5:46

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com