このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

 自転車では大鳴門橋を渡れないため、淡路島は近いのに行けないとあきらめていましたが、や まさんに "しだれ梅" を誘っていただいたので、初淡路。
 だが、"しだれ桜" ならぬ "しだれ梅" とは??
 南あわじ市某所に車をデポ、玉ねぎ畑を南下し八木馬回(地名)へ。紅梅色が山辺の一角を飾っています。
 色の鮮やかさ、大きさとも想像を越えていました。花の香りも漂ってきます。自然そのままでなく、十分に人の手が入った花木ですが、品質の高い made in Japan です。

 その後、淡路の低山の中をうねうねと北上します。
 どの谷筋も段畑、棚田が続いています。
 その分、道も多く、どこを走っているのかわからなくなりそうです。

 広い農地がないためか散居風に農家が点在していますが、その家屋の大きさは、ちょっと他に記憶がありません。門、東屋、倉、母屋で構成されているようですが、土豪の館を彷彿させます。

 仏教が寛容なのか、神道が得意の丸飲みをしたのか。廃仏毀釈も、そんなの関係なし。
 世の宗教もこの精神まで到達できれば、世界も少しは平和になるのだが。

 後半は地元の ゴンさんと合流し、瀬戸内海の海沿いから、玉ねぎ畑を最短コース?で突っ切りデポ地へ。
 暖かな春の日、自転車シーズンの幕開けを飾る快適サイクリングでした。
 74.24km

5 コメント

  1. ゴン Says:
  2. 淡路島 気に入っていただいたようで嬉しいです。
    移動の足が無いときにはご一報ください。
    また、どこかでご一緒できることお待ちしております。

     
  3. や ま Says:
  4. しだれ梅、しだれ桜でもここまでのものはそれほどありませんよね。
    迷い道、気に入っていただけたら幸いでした。
    また行きましょう。

     
  5. smak Says:
  6. 立派なしだれ梅ですね.これほどとは.

    社寺分離が進まなかったのでしょうね.珍しい.

     
  7. taka Says:
  8. ゴンさん、やまさん ありがとうございました。
    地図を見ていて、大字小字の「地名」が、ことごとく由緒ありげなのに驚いています。
    倭文、榎列、神代、賀集・・・。
    我が家の近辺は、美しが丘、あざみ野、すみれが丘・・と言った調子なので、薄っぺらさに恥じ入ります。

     
  9. taka Says:
  10. smakさん
    ため池の多さから香川と似ている風景を想像していましたが、"地形" も "文化" も "うどん" も違いました。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com