このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

Vietnam サイゴン川のデルタ

2014年5月17日土曜日

大きな地図を見る
 5/13にホーチミン入りしましたが、今回はAFCアジアカップ観戦が主なので、初日の宿探し以降自転車は乗っていません。日本vsベトナム戦を一緒に観戦したWさんがメコンツアーの日なので、サイゴン川のデルタを走ることにします。
 泊まっているホテルは、ホーチミン市10区。市の中心部から西へ5kmあまり、中華街のチョロンの近くです。試合が行われるトンニャットスタジアムの裏なので、ナイトゲーム終了後、徒歩3分で戻ることができます。
 ベトナムを走るのは4回目ですが、いずれも秋冬なので、初めての酷暑サイクリングになります。
 市街を南下すると、堤防のない自然河川と高層ビルが見えてきます。地価が高騰しているためか、少し郊外に高級マンションが立ち並んでいます。
 ほどなく、サイゴン川をフェリーで渡ります。料金は1000ドン(5円)の安さ。これは、ベトナム的にも安いです。釣りに行く高校生も利用しています。
 対岸の集落を抜けると、人家がなくなり立派な道路が延びています。回りには養殖池があるはずですが、道路からは見えません。
 デルタをかすめて、Google Map に載る橋を渡り市街側へ戻るつもりでしたが、見えてきたのは広い川。橋はなく、川幅も地図よりずっとありそうです。普通あせるとこですが、サパへ行った時に道がなくなる経験をしているので、動じません(笑)
 フェリー待ちの間に、さとうきびジュースいただきます。5000ドンだったので、お代わり。今回のツーリングでは、さとうきびジュースを大量に飲みました。
 対岸まで距離はありますが、やはり川。波がないので水面を滑るように進みます。もっとも、この構造で揺れると怖いです。水上警察が救命胴衣を着けろと言うので、みんなで装着。このあたり、なかなかしっかりしてます。
 市街地側に渡りましたが、道はダートに。この辺、ジャングルです。
 サイクリストとすれ違い、どこから来たのと聞くと、Japan とのこと。ホーチミンに赴任して3年目の青年でした。彼もこの先橋があると思っていたようですが、まったく動じません(笑)
 市街に近づくとところどころ道が冠水しています。スコールはかなり局地的に降るようです。
 夕食は、今夜が最後のWさんと。これ全部で、50000ドン。中心部と違い、今回の宿の近くはどの店も外人価格がなく支払も安心です。

 76.09km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com