このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

大きな地図を見る
 ミトーの港を周り、画像中央に霞むラックミエウ橋を越えていきます。
 ラックミエウ橋は2009年に開通した全長2868m の二重斜張橋です。ジョイント部の隙間は自転車には危険ですが、日本なら自転車通行禁止にして表面的の解決(泣)とするところでしょう。
 橋を渡るとメコン川の中洲と言うことになります。似た地形の木曽川河口と同縮尺で並べてみると。
 ドーナツ(2000ドン)の補給をし、ベンチェ市街へ。ここは、ココナッツ料理で有名なので、探しましたが見つからず。普通のコームの昼食。15000ドンの安さですが、事前調査を怠ったのは悔やまれます。
 ベンチェ市街から国道へ戻る五叉路。迷いそうですが、予めダウンロートしていた地図+GPSで問題なし。
 大小の川を橋で渡ってデルタを南下します。水郷地帯という感じはなく、大地はしっかりしています。
 メコン本流はフェリーで(2000ドン)。ここでも、そでの日の丸を指さし、日本人をアピール。
 カントーまで行く腹積もりでしたが、茶屋のお兄さんが「無理無理、夜中に着く。お前はチャビンへ行きべきだ。そこにはホテルがいっぱいある」と言うので従いました。宿は6階、300000ドン。
 平坦路を終日走りましたが、今日も80kmあまり。暑さは厳しいです。
 78.96km

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com