このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

大きな地図を見る
 デルタはクメール系住民が多いとのことですが、泊まったホテルは中国系ベトナム人が経営していました。漢字の看板も見かけました。
 仏教寺院もクメールの影響を受けているようです。
 稲作地帯が広がっていて、苗や稲穂が同時に育っています。道端ではライスペーハーを干しています。
 気温が急に下がり、風が強くなると、スコールの前触れです。学習したので、直前に自転車ごとカフェへ。
 雨が上がると、すぐに強い日差しが戻ります。ココナッツ水をいただきます。10000ドン。穴をあけるだけなのに、さとうきびジュースの倍。ボラレたのかと思いましたが相場のようです。まー、ボラレても50円です。
 広大なデルタの中を走っても変化が少ないので、QL(国道)53 から、メコン河岸に沿う TL(地方道)902 へ転じます。あまり外国人は来ない所なのでしょう。おっさんサイクリストも人気者です。
 土手がないので、道は川から少し離れています。メコンを見に河岸に出ると、ここでも人気者です。指差し会話帳をおばちゃんに奪われ質問ぜめに(笑)
 本流に面して、なにやら不思議な物体が。
 レンガ窯が、いたるところにあります。また、物流の多くはいまでも水運のようです。
 ヴィンロンの宿は1時間近く探して、リバービューの部屋を取りました。今回、最高値の380000ドン(朝食付き)。
 メコンの夕暮れは、写真の100倍素晴らしいです。
 75.14km

2 コメント

  1. や ま Says:
  2. ベトナムだけでも、唸っております。
    6月のアップされたら、眠れないかも。

     
  3. taka Says:
  4. メコンの感慨にひたる間もなく6月。この密度は、よろしくないです。ま~、贅沢過ぎる愚痴と言われれば、返す言葉がありませんが(笑)
    前準備的には、もっとも知識の少ないスタートになりそうです。

     

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com