このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。けっこう走れます。2019年、退役。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は25年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

高輪橋架道橋をくぐる

2017年9月13日水曜日

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 品川新駅の建設で、無くなるとの噂のある高輪橋架道橋へ。読みは "たかなわきょうかどうきょう" のようですが、橋架が指すもの、橋架道が指すものが判りません。(たぶん)「高輪橋架道橋」の下の「高輪橋架道」を走ってきました。
 泉岳寺側、高輪大木戸の脇のカーブを下ると入り口。
 長さは230mくらいです。
 道路標識の制限高は 1.5m。実際の高さは 1.8mくらいでしょうか。首を曲げて歩いている人もいました。
 芝浦側の出口。ちょうちん殺し(ちょうちん型の個人タクシーの行灯は、若干高め)と言われるのもわかります。
 この道路、元は東京湾と車町河岸を結ぶ水路でした。左:大正期、右:昭和30年代。
 1964年でも、泉岳寺側に船溜まりがありました。
 微妙に水路も残っています。明治末だと、東海道線を抜けると海。
 帰路は、旧東海道を南下。目黒川の旧河道。
 お昼は、南大井の福来食堂。真っ当な定食屋。
 51.08km、3h23m

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com