このブログを検索

最新のコメント

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 
 
 

鳴門(大毛島、島田島)

2017年9月2日土曜日

 9月に入り、急に秋めいてきました。秋晴れの下、鳴門方面へ。
 大毛島の先端、大鳴門橋の付け根あたり。明治32年測図、明治33製版の 1/10000地形図。明治期に鳴門の大縮尺地形図が作られたのは、「由井要塞近傍」のため。国防の肝が要塞だった時代がありました。大塚製薬潮騒莊(通称 "大塚御殿")の場所は田圃(陸田か)だったようです。
 堀越橋からのウチノ海。
 堀越と言う地名から開削された場所と推測できますが、明治32年には既に水路が通じています。「徳島県の地名」(平凡社)では「近世初頭に開削されたと伝えられる」とありますが、根拠の記載はありません。執筆者が誰かから聞いたのでしょうか(笑)
 今回、稜線の県道から離れ、初めてウチノ海まで下ってみました。
 上り直して、小鳴門新橋で四国島へ渡り、北泊経由で帰路へ。
 64.79km、3:57

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com