このブログを検索

BLOG ARCHIVES

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。
 
 

標高グラフ付きの大きな地図を見る
 と言う長いイベント名、by 境界協会。47名参加。境界協会のフィールド・ワークは初めてですが、参加メンバーはスリバチ学会と重なっていますので、半数近くの方は知り合いでした。
 大泉学園まで自走、駅の駐輪場には、ミニベロ専用枠がありました。アトム像前に集まり 11:30 出発。
 埼玉県境へ向かいます。都県境へのアプローチは多摩武蔵野スリバチ学会が先導します。左下は暗渠の合流部。
 四面塔稲荷、堤稲荷神社。狛犬でなく狛狐。狛狐は新しいものですが、台座は古いものでした。
 都県境の "北町坊が谷戸公園" 到着。ここの境界は段差になっています。
 中央にあるはずの東京都のマークがないマンホール。ここは都内ですが、埼玉県側へ流れる下水なので銘を伏せたのか?
 境界協会主宰の小林さん。日本地図センター「地図中心」の編集長でもあります。
 皆さんのツボはこれ。
 ゴールのひばりヶ丘駅から大泉学園駅まで西武池袋線で戻り、夜間走行で帰宅。スローパンクで、通算4回空気を入れるはめになりました。
 歩いたルート (0:43)
 自転車 47.09km、歩き 12.2km。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com