このブログを検索

BLOG ARCHIVES

DAHON K3

DAHON K3
2019年購入。14 inch,7.8kg,3速。

KHS F20-R451

KHS F20-R451
2015年、台北で購入。そのまま阿里山、塔塔加へ。

KHS F20-T3

KHS F20-T3
2012年、台北で購入、そのまま中部横貫公路越え。

Bianchi Lupo

Bianchi Lupo
イタリア製と思いきや台湾製。基本パーツはSHIMANO TIAGRA。クロモリです。

KHS F20-T2

KHS F20-T2
2009年、台北で購入、そのまま一周。予想に反して、けっこう走れます。

mayfly 2

mayfly 2

MARIN Pine Mountain

MARIN Pine Mountain
1992年 米国製。SHIMANO DEORE DX は20年間ノートラブル。2017年、退役。
 
 

大きな地図を見る
 本家スリバチ学会が歩き尽くしたエリアを歩き直すと言う「東京野良スリバチ学会」に初めて参加しました。
 暗渠化された弦巻川が神田川に合流する江戸川橋からスタート。江戸川と言えば東京、千葉の県境を流れる川ですが、神田川中流も江戸川と呼ばれていたので、この名前が付いています。
 今回は、弦巻川跡の両岸を上り下りするルートです。参加者は45名、大人数ですが、最大70名ほどだったこともあるようです。
 明治初め。台地は畑、川沿いに平地は少なく水田は見当たりません。
 1/25000 「東京西部」大正8年発行。弦巻川は都市化と共に悪臭を放つドブ川となり、昭和7年(1932)暗渠化されました。
 右岸の関口に建つ、東京カテドラル聖マリア大聖堂。前川國男、谷口吉郎、丹下健三の豪華コンペで選ばれた丹下健三の設計、1964年12月竣工。
 如何にも川跡。
 1/10000 「早稲田」大正7年発行。弦巻川源流の丸池が描かれています。現在は石碑「池袋地名ゆかりの池」が建っています。右は在りし日の弦巻川に架かっていた橋。
 歩き 9.7km。

LABELS


mail: boso.cycle@gmail.com